岐阜県の設計事務所、注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト

お問い合わせ

一級建築士事務所アイ・アーキテクトのブログ

岐阜の設計事務所、岐阜県の一級建築士事務所 アイ・アーキテクトのブログです。
★ 岐阜の設計事務所、岐阜県の注文住宅ならアイ・アーキテクトホームページはこちら ★

自立循環型住宅への設計ガイドライン [設計事務所]

2019年09月14日(土)

スペシャル講師陣による、
「自立循環型住宅の設計ガイドライン」講習会。

国土交通省、国土技術政策総合研究所、国立研究開発法人建築研究所の監修による
ガイドラインです。

「2010年のエネルギー消費量と比較して、50%削減する方法」が、
国の研究機関から発表されたテキストです。
▽▽▽

画像(320x200)・拡大画像(640x401)

今回のスペシャル講師は、
このガイドラインの統括をされた国土技術政策総合研究所の澤地孝男先生。

雲の上の上の存在の先生の話を聞けるなんて、とても貴重です!
こんなにすごい企画をする岐阜県もすごいです!!

レクチャーは全然堅苦しくなく、むしろ庶民的?実務的?でした。

国の研究機関のせんせいなので、
「エネルギー消費量を削減しよう!」を大きな声で提言するかと思いきや、
「いくら光熱費が安くなるか!」と声高らかに話され、
すごく親近感を持って受講することができました。

他にも、
☆日射遮蔽は「すだれ」がコスパが一番いい!
☆設備投資するなら、「いつ元が取れるか」が大事
☆建築(特に、構造、省エネ)にvery specialはいらない
☆ファインプレーは不要。定石とコストパフォーマンスが大切
☆成功事例ばかりでなく、失敗事例がまとめられた書籍を読むことも大切

特に印象に残ったのが、「very specialはいらない」ということ。

ひとつの建物をハイスペックで作るよりも、
均等なスペックで数多く作る方がコストパフォーマンスにも反映できる
ということ。

そして、私たち建築士にできることは、
常に頭を柔らかくして賢く材料選択をできるよう、情報収集に努めること。

澤地先生のレクチャーは、
パッシブハウスで頭が凝りがちなところを、
ストレッチできた感じで、スッキリしました〜

今後も、国の研究機関の先生の貴重なレクチャーが続くので、楽しみです♪

もちろん、ここでインプットしたことを設計活動でアウトプットしてこそ、
実りあるものとなるので、気を引きしめなおして参ります!!

Posted by 石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家) at 20時39分
  パーマリンク   トラックバック ( 0 )

デザインいろいろ [設計事務所]

2019年09月13日(金)

「住まいづくりは、明るい未来につながる大切な一歩」

家づくりを計画される場合、「お金のはなし」なしでは進みません。
明るい未来のために、お金のはなしもしっかり話し合うことが大切です。

アイ・アーキテクトでは、
お金の専門家「ファイナンシャルプランナー」による、
資金計画相談を無料で承っております。

住宅資金、子育て資金などの収支のはなしにプラスして、
お金を増やす方法のお話もありますよ♪

みえないモヤモヤが不安の原因。
それを解消して、完成したお住まいがこちら。
▽▽▽

画像(320x213)・拡大画像(620x413)

                      平屋の住まい

画像(320x214)・拡大画像(607x406)

                   薪ストーブがある平屋の住まい

画像(320x213)・拡大画像(620x413)

                 大黒柱がある5人家族の住まい

画像(320x213)・拡大画像(620x413)

                  二世帯住宅の子世帯LDK

 

こうして並べてみると、白黒はっきりしていますね(笑)

どれにも共通しているのが、
耐震性能、断熱・気密性能を兼ね備えた「3世代住み続けられる家」です。

女性建築士として、住まいづくりをサポートしています。

木造新築住宅のことなら、アイ・アーキテクトにお任せください。


Posted by 石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家) at 08時00分
  パーマリンク   トラックバック ( 0 )

木造住宅のリフォーム [設計事務所]

2019年09月12日(木)

先日のマンションリフォームに続き、今日は木造住宅のリフォーム。

住宅医として既存ドッグを行い、耐震改修&断熱改修を行いました。
▽▽▽

画像(320x239)・拡大画像(327x245)

構造躯体のみのスケルトン状態。

まずは、耐震補強を行います。
その後、窓・床・壁・天井の断熱補強を行います。

こちらのお客様は、最初は大幅な間取変更を希望されていました。
大幅な間取変更ということは、大部分の解体を伴うため、
合わせて耐震と断熱の補強を行うことになりました。
▽▽▽

画像(320x213)・拡大画像(576x384)

既存建物の思い出が詰まった欄間を引き継いだり、
新しいデザインと融合させたり、コーディネートしながら新しい住まいが誕生しました。

「住まいづくりは、明るい未来につながる大切な一歩」だと思います。

リフォームは、過去から現在、現在から未来へ繋がります。

木造住宅のリフォームなら、アイ・アーキテクトにお任せください。


Posted by 石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家) at 08時44分
  パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家)

アイ・アーキテクト

一級建築士

石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家)

検索


カテゴリーリスト

リンク集

珈琲香房 ひと葉