岐阜の設計事務所、注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト

tel.0574-54-1733

お問い合わせ

岐阜の設計事務所、注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト
岐阜設計事務所アイ・アーキテクトトップページ > 住み心地インタビュー > 鋳物師屋の家
鋳物師屋の家_外観

鋳物師屋の家

夏はエアコン1台、冬は蓄熱だけの冷暖房コストのかからないお家。
ハウスメーカーや工務店など沢山回って最終的にアイ・アーキテクトに決めた理由も詳しく教えていただきました。

施主様

建築メモ

  • ●完成 
  • ●インタビュー 2015年9月
  • ●家族構成 ご夫婦、お子様3人

1.住み心地はいかがですか?夏と冬と、光熱費なども含めて教えていただけたらと思います。

【旦那様】夏はこのエアコン1つしか使ってないです。ちょっと大きめのものを買ったんですけど、これ1つで他は使ってないです。

そうなんですね。冬はどうですか?

【旦那様】冬は蓄熱だけです。
【奥様】蓄熱だけで、和室も他の暖房は付けてないです。

和室がみんなで寝るお部屋ですか?

【奥様】そうです。和室で子どもと一緒に寝ています。
【旦那様】和室にもエアコンを設置しているんですけどほとんどつけないので、こちらが冷えているので扇風機で冷気を送るぐらいです。
向こうのエアコンもつけないですし。夏はこのエアコン1つ、冬は蓄熱暖房だけですね。

電気代はいくら位ですか? オール電化ですか?

【旦那様】オール電化です。冬が2万7000円か8000円くらい、3万弱です。春・秋は8000円くらいで、夏は1万切れるくらいです。
エアコン代はそんなにかからないです。28℃設定で、ずっとつけっぱなしの方が良いと思ってつけっぱなしですけど。
夏はほんとに冷気が逃げないというのと、今のエアコンは性能が良いんでしょうね、結構高いのを買ったんですけど、やっぱりよく効きますね。

【旦那様】住み心地で良いことなんですけど、ここにいると雨の音がわからないです。たぶん防音になっているんだと思いますけど。2階にいる時や窓に当たるとわかるんですけど、ここはひさしもあるのでかかりづらいんですね。屋根もないし壁に当たってもわからないし、ザーという音がしなくて雨に気付かないことがありますね。
逆に外にも漏れないんだろうと思います。防音すごいなと思いました。

セルロースファイバーですね。この壁の。

2.お気に入りの場所はありますか?
和室の位置をすごくこだわっていらした印象がありますが。

【奥様】ほんとにあそこは造ってよかったなと思います。
家庭訪問の時に和室に上がってもらったんですけど、先生に「いいですねー」とほめられました。

去年お引渡しをしたお客様がいらっしゃるんですけど、一番最初のお問い合わせをいただいた時に、何をご覧になってのお問い合わせですかと聞いたら、I様のお家の写真を見て、すごく気に入って電話しましたという方がみえました。
吹き抜けの雰囲気とか、ダイニングの位置がキッチンの横だけど向こうから遠くていいなとおっしゃっていました。

【奥様】よかったです。キッチンの並びは私もすごく気に入っています。

3.他に、これは良かった、これは無くてもよかったというところはありますか?

【旦那様】食洗器は便利です。うちはよく使っています。

朝も夜も使いますか?

【旦那様】夜は自分でまわしたりしますよ。
【奥様】仕事が始まったのでないと困りますね。朝は時間があればやっていきますし、夜は遅い時間にまわしたりします。

人数が多いからメリットが大きいですね。
宿題はどこでされていますか?

【奥様】ここですね。最近は上に行くこともありますけど、ほとんどここですね。時間割は上でしています。

4.I様がわたしを知っていただいたキッカケは、見学会の広告ですか?

【旦那様】見学会に行ったキッカケは広告ですけど、その広告を見て奥さんが反応していたので、その前にホームページか何か見ていたのかな。
【奥様】そう、ホームページや雑誌で見たんです。

家造りを考え始めてから、どれくらいの期間かかりましたか?

【旦那様】うちは結構長かったよね。

長いほうですね。
土地を購入されて2年~3年経つから、不動産取得税の期限が来てしまうので、いつまでに建てたいとおっしゃっていたのは覚えています。

【旦那様】土地を買った時はまだ何もお話ししてない時でしたよね。
【奥様】じゃあ、考え始めたのはもっともっとさかのぼるよね。2007年かな。

こちらに引っ越しされた時に家を考え始めていたんですか?

【奥様】その時はまだ、とりあえず引っ越して、上の子が幼稚園に入る年だったので、小学校にあがるまでには決めたいなと言っていました。
【旦那様】その1年以内に動き出したと思いますよ。
【奥様】土地が気になりだして、不動産屋さんに行っていろいろ情報を集めていた時に、ここに旗が立っていたので、問い合わせしたら「7番目です」と言われて、ダメかなと思ったんですけど縁がありました。

いろんな工務店さんも調べたかと思いますが。

【旦那様】もう大手ハウスメーカーは全部行きました。展示場は全部行きました。
【奥様】展示場は巡り巡って、何社か話も進めていました。
【旦那様】見学会とかには行き倒しました。
やっぱり見てみないとわからないじゃないですか。
鉄骨とかプレハブとかも見ました。情報として見てみたかったという感じです。

そうすると工務店さんは回られたんですか?

【旦那様】まずはハウスメーカーからスタートでした。
どうしていいかわかなかったので、まずは住宅展示場に行ってみようとなりました。
【奥様】でもまわった所で「ここ!」という所はなかったよね。
【旦那様】あまり良い所はなかったです。
【奥様】色々と見るあいだに「木造がいいよね」となってきました。
【旦那様】その頃には鉄骨やプレハブはもう考えてなくて、電話がかかってきても断ったりしていましたが、S社だけ残ったんです。
【奥様】でもM社もデザインがすごく素敵で、気に入っていました。
【旦那様】そうだね。いくつかプランも出してもらったね。

見積りも出してもらいましたか?

【旦那様】出してもらいました。その頃はここの土地は契約していたので、S社とM社に地盤調査もしてもらいました。
【奥様】春日井と多治見の展示場にはすごく行きました。

5.いろいろ見られた中で、ハウスメーカー、工務店、設計事務所とある中で、なぜ私を選んでいただけたんですか?

【旦那様】もう1社気に入ったところがあったんですけど、営業さんとも設計士さんともちょっと合わないなと思ったんです。
決め付けちゃう感じだったかな。
【奥様】あまりこちらの思いをくみ取って反映してくれる感じではなかったので、一緒に家を建てていく感じではないなと思いました。
【旦那様】いろいろ迷ったんですよ。いろいろ行きましたよ。
プランもたくさん出してもらいましたし、図面も全部とってあります。
お宅見学もよく連れて行ってもらったり、営業さんもすごく感じのいいところもありましたけど高すぎて、僕らの金額で建てられる家となると、ひさしもあまりないようなロケットのような家になってしまって、興ざめしてしまうんです。

7.そうやってたくさん回っていただいた中で、設計を頼もうとなったキッカケや理由は何でしょう?
大手さんの方が信用もあるかと思いますけど、個人でやっている、実績も少ない私をなぜ選んでいただけたのでしょうか。

【旦那様】なんでしょうね。だんだん消えていったんです。
言葉悪いですけど消去法にもなるじゃないですか。嫌いじゃないけどちょっと違うなとか。
僕よく話すことで、食事の時に添加物がたくさん入った食べ物は食べたくないんです。でも忙しい時にはハンバーガーも食べるということもしたいんです。
宗教っぽく「これなんです!これだ!」と凝り固まっている人がイヤなんです。
ここは2階にクロス張らしてもらったんですけど、そういう話をすると「そんなんじゃダメです。うちはこうです!」と完全に否定する人もいるんです。
【奥様】例えばトイレの床とかでも天然木、杉とかじゃないといけなかったりしましたね。
【旦那様】ベランダも否定ですよね。
アンケートを取ると確かに一番使わないのでわかるんですけど、欲しいじゃないですか。それが通らないんですよ。

住む人はあなたじゃないじゃないのにね。

【奥様】やっぱり天然素材を使ってみえるところは値段もそれなりで、金額の話をすると「じゅあトイレを1つにすればいいじゃないですか」と言われて、いや2つ欲しいんですけどとなりましたね。
【旦那様】そういう会社の考えというのがあるじゃないですか。
【奥様】その会社に合わせた家に住むのではなく、自分達の住み方を汲んでくれるところをと思いました。
【旦那様】最後は、池田町の白い洋風な家に行った時に「これいいな!」と思いましたね。
あれが転機でしたね。
床があまり白いのは好きではなくて、メープルの床のイメージは好きじゃなかったんですけど、見に行って「なんかこれいいな」と思いました。
自分の中ではあれが転機な気がします。

8.そうなんですか。やっぱり見ていただくのが大切ですね。そのものを見て、この材料ならいいかなという感じですか。
私が個人でやっていることで不安はありませんでしたか? 大きなお金のことですので、きっとどこに依頼しても不安はあると思いますが、なかったですか?

【旦那様】なくはないですね。
逆に、石原さんが辞めるという話になった時は、建ててくれたところに話しをすればいいかなと思って、ある意味2人担当の人がいるような感じで考えていけばいいかなと思っていました。

なるほど、2重の安心ですね(笑)

【旦那様】最後の最後は何だったかな。最後の決め手は、僕は蓄熱暖房をやってみたかったので、それがプラスになったとか、そういう細かいところだと思います。
あと、話しやすいかなと思いましたね。女性ですし。
【奥様】石原さんは思ったことを反映してくれましたし、図面見ても住んでいる様子が浮かぶというか、それでちょっと遊び心もあっていいなと思いました。一番最初の時、子供の秘密部屋とかあったり、楽しそうだなと思いました。
家を建てるなんて一生に一度あるかないかなので、どうせなら楽しく建てていきたいなと思いました。
【旦那様】長々と話しましたが、そんなところです。

ぜひ今後家造りを考えている方にアドバイスをお願いします。

【旦那様】すぐに決めないことですね。色んなところを見て、色んな人に聞くと色んな意見が聞けるので。どれが正しいかわからないですから難しいですけど、うちはゆっくりやってよかったです。長すぎて無駄が多かったですけど、後悔するより無駄しておいた方が良いかなと思いました。

9.今後、アイ・アーキテクトに望むこと、期待することはありますか?

【旦那様】何かあった時に連絡が付くように、元気に働いていてもらえたらいいです。
【奥様】安心していたいので。

わかりました。ありがとうございました。

施工実績を見る

お問合せ