岐阜の設計事務所、注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト

tel.0574-54-1733

お問い合わせ

岐阜の設計事務所、注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト
岐阜設計事務所アイ・アーキテクトトップページ > 住み心地インタビュー > 松倉の家
img01l

松倉の家

オール電化の省エネで暮らせるお家。夏場は電気代が5千円を切ることも!
梅雨の時期も結露なく快適な暮らしはどんな感じなのか、インタビューさせていただきました。

施主様

建築メモ

  • ●完成 2012年1月
  • ●インタビュー 2015年5月
  • ●家族構成 ご夫婦、子ども

1.冬の住み心地、夏の住み心地、梅雨の時期を教えていただけたらと思います。
この冬はどうでしたか?

【旦那様】蓄暖があるので、帰ってきてヒヤッと寒いことはなかったですね。
【奥様】ファンヒーターはリビングに一台と、お風呂場に一台小さいのを置いています。朝起きた時と、お風呂の時に寒いので付けるくらいです。

それで全部まかなえますか?

【奥様】ほとんどここ(リビング)にしかいないので。
2階は何もつけなくても暑いくらいです。ここが吹き抜けの時は、冬でもふとんをよけるくらい暖かかったです。

夏はどうですか?

【旦那様】夏は涼しいです。相当なことがない限りエアコンは付けなくていいです。
真夏にお客さんが来て、付けておかないと申し訳ないなという時くらいです。
【奥様】2階の寝室は本当に暑い時につけます。他の家と比べるとすごく少ないと思います。
【旦那様】他の家と比べたら相当使ないと思います。
【奥様】もともと、クーラーがあまり好きじゃなくて、扇風機で賄えちゃいます。
【旦那様】自分たちが暑いからと言ってつけることはそうそう無いです。

電気代はどんな感じですか?

【奥様】夏と冬がぜんぜん違うんですけど、夏場安い時は5千円切るときもあったくらいで、最近は5~6千円で、冬は2万円超えます。
【旦那様】蓄暖が入っている時と入っていない時と全然違いますね。
【奥様】蓄暖の使い方が下手なのかなと思います。

梅雨の時期はどうでしたか? ジメッとするなとか。

【旦那様】それは全くないです。
【奥様】それはアパートにいた頃と思うと全くないです。
夏にエアコン付けるのが雨上がりの蒸し暑い時にドライをつけますけが、そんなにないですし、そのへんはすごく満足しています。
結露もないですし。

2.気に入っている場所、居心地いい場所、一番長くいる場所はどこですか?

【旦那様】リビングです。

3.収納力アップするために床下収納を作ったんですけど、これはやってよかったなという所と、これはいらなかったなというところはありますか?

【奥様】吹き抜けが欲しくて造りましたが、生活していく上で物が増えていくので、置きたいものも増えてくるので、スペースが欲しくなりますね。
【旦那様】吹き抜けと、子ども部屋のロフトかな。あれは素直に収納にしてしまえば良かったかなと思います。
【奥様】収納が各部屋になくて、集中して収納を造ったから、各部屋に細々と収納をつくればよかったなと思います。子ども部屋のあのベッドははたして使うのかなと思います。荷物置き場になってしまっています。

【奥様】デザイン的なところはすごく気に入っています、このアーチの感じとか。
【旦那様】これはこれで一つの空間になったので、良かったです。
思ったより暗くなかったし。
【奥様】良かったことは、脱衣所と洗面所を分けたことは良かったです。脱衣所って見られたくないところだから、手を洗う時に子どもの友達やお客様が見えたときも締めておけます。それと、洗面台を高くしたので、子どもはまだ台を使っていますが、自分が使うのに楽でいいなと思います。

床の動きはどうですか?冬と夏と。

【奥様】あまり気にならないです。床の傷も最初の年は気にしていましたが、あまり気にならなくなってきました。
【旦那様】リビングはあまり気にならないけど、2階は少し開いているところがあります。気になるかと言われれば気になるけど、普段生活をしていてそんなに気にはならないです。

随分色がいい色に変わってきましたね。
アイアーキテクトを知っていただいたキッカケは、私の記憶ですと、リクルートの雑誌からお問い合わせいただいたと思いますが、最初は雑誌ですか?

【旦那様】たぶん雑誌ですね。雑誌をパラパラ見ていて、当時はNハウスとか。
【奥様】S社とかE社とかあのへんを見に行って、色んなイベントとか行っていました。
【旦那様】だいたい洋風の木の家をみていました。
【奥様】ちょっとプロバンスというかカントリーみたいな感じがいいねって。
【旦那様】確か、Nハウスの内容のことで、石原さんにメールしたんですよ。
【奥様】集成材じゃない?
【旦那様】そうそう。E社の「集成材ってどうなんでしょうか」とメールしたところから始まりました。
【奥様】集成材もそうだったけど、すべてがキットみたいな家で、南を東に変えたりはできるけど、間取りは自由に変えられない感じでした。
【旦那様】嫌いではなかったけど集成材が気になっていて、雑誌を見ている時に石原さんを見つけて、お問い合わせさせていただいたんです。

建築業界ってハウスメーカーがあって、工務店があって、設計事務所と大きく3つに分けられるんですけど、設計事務所というか私を選んでいただいたのは、S先生の話を聞かれたからですか?

【旦那様】そういうことではなく、相談がどれだけできるかという事だと思います。
【奥様】石原さんの話というのもありますけど、S社さんはなんかガツガツした感じで、私はS社のイメージは好きだったんですけど、主人があまり好きじゃない感じだったんです。
【旦那様】S社さんは、もっと小さくしないとできないような事を言われて、妥協するとか、何か案を出してくれるとか、提案がなくてそれが気に入らなかったです。

設計を私に依頼しようと決めた決め手や、後押しはありましたか?
住宅ローンは大きな金額を支払っていくわけですから、覚悟とか色んな不安とかあったと思いますけど。

【奥様】E社やS社って個人的に面談もして、結構深いお話もしましたし、Dハウスとかにも見に行ったりしましたけど、色んなところ見ましたけど、その中で全部バランスが取れていたというところですね。
【旦那様】最初提案のスケッチのイメージが。
【奥様】あのスケッチの絵が柔らかい感じで好きだなと思いました。
その頃Dハウスにも行っていましたが、「ここの柱は動かせませんから玄関はこちらになります」とか言われて、じゃあ土地によって間取りが全部決まってしまうんだなと思いました。
そこで、ハウスメーカーやE社が消えて行って、S社も先程言ったような感じでしたので、消去法もあります。
【旦那様】俺はセルロースファイバーとかが気に入っていましたから、持っている機能がプラスアルファされて、最初の感覚的なことだと思います。

今後家造りを考えている方にアドバイスはありますか?

【旦那様】生活パターンに応じて、動線も考えていくといいのかなと思います。
【奥様】家はそれぞれライフスタイルによって違うと思いますので。
話違ってしまいますけど、1カ所だけ、トイレのドアを引き戸にすれば良かったなと思いました。老後を考えると車いすで生活できないなと思って、老後にここは改築ができないなと思いました。

わかりました。
ありがとうございました。

施工実績を見る

お問合せ