岐阜の設計事務所、注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト

tel.0574-54-1733

お問い合わせ

岐阜の設計事務所、注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト
岐阜設計事務所アイ・アーキテクトトップページ > 住み心地インタビュー > 原の家
原の家

原の家

家づくりを始めた当初はハウスメーカーなども検討され、最終的にアイ・アーキテクトに決めてくださいました。
奥様ご希望の床暖房や、旦那様こだわりの和室の実際の住み心地をインタビューさせていただきました。

施主様

建築メモ

  • ●完成 2014年11月
  • ●インタビュー 2015年5月
  • ●家族構成 ご夫婦、子ども

1.初めての冬を過ごされて、住み心地はどうでしたか?

【奥様】良かったです。
【旦那様】
はい。僕は最初、床暖房はあまり賛成ではなかったんですけど、入れてみるといいなと思いました。

冬の光熱費はいくらぐらいでしたか?

【旦那様】11月の中旬から入ったので、実際12月からですけど、一番多いのが1月で25,000円で、そこからだんだん下がっています。
【奥様】それから、夏場なんですが、やっぱり2階の方が暑いんですよ。
【旦那様】でも2階も窓を開けておけば風か通るので、昼間開けておけばそれほどではないかなと思います。

2.お住まいでお気に入りの場所や長くいる場所はどこですか?

【奥様】
やっぱりここ(リビング)ですけど、全体的に気に入っているので、どこと言われると困るぐらいです。間取りもこういう風にして良かったなと思います。

 
 

ありがとうございます。うれしいです。

【旦那様】それなりに考えましたから(笑)

動線が2つあるっていう事はくるくる回れますが。

【奥様】お友達の奥さんにも「こういう風が良かった」と言われました。うちの親も「ここからすぐお風呂や洗面所に行けるのがいい。ほんとはこうしたかった」と言っていました。

3.母屋との行き来はどうですか。勝手口がちょうど玄関と直線になっていますが。

【旦那様】いいですね。真正面ぐらいですから。
【奥様】
インターフォンを勝手口にも付けてくれると良かったと言われます。
こちらから母屋に行く時はいつも開いているし、玄関だから鍵がかかっていてもインターフォンを押せばいいですけど、むこうからこちらに来て、勝手口に鍵がかかっていると回らなければいけないから、ここにインターフォンが欲しかったと言われました。
だいたい突然来るときには、おかずとかおすそ分けを手に持っているので「開けてー」と言われます。

今のお話の続きのようになりますが、これは付けてよかったということ、逆にこれは必要なかったなというものはありますか?
この竿掛けは結構使われますか?

【奥様】はい、結構使いました。冬の間に。
冬はなかなか外に干せないし、4月はすごく雨が多かったので、外よりも中の方が乾燥していて、中の方が乾いたので良かったです。

4.アイ・アーキテクトを知っていただいたきっかけは何ですか?

【旦那様】雑誌ですね。
雑誌を見て、そのあとホームページをみました。

5.その雑誌の中で他にもいいなと思われたところとか、業界で言うと工務店、設計事務所、ハウスメーカーと分けられますが、その中で設計事務所を選ばれた理由は何ですか?

【旦那様】3年くらい前の静岡にいる時にハウスメーカーで建てようかと思っていて、ハウスメーカーのモデルハウスを見に行ったりして決めかけていましたが、ちょうど前厄の年だったので、ちょっとやめておこうかと中断していました。こちらに来てから、石原さんのところにハガキを送ったのと同時に、I工務店をみたりしていました。最初は鉄骨で考えていたんですよ。

なぜですか?

【旦那様】耐震性が鉄骨の方がいいかなと思いまして。その頃鉄骨しか見ていなくて、M社、H社あたりに聞いていたので、こちらに来てI工務店を見たりして、ここでもいいかなと言っていました。見積りまでとっていないですけど。
【奥様】展示場に行って話を聞いていたりしました。その時に石原さんのところにも行っていました。豊田のオープンハウス。
あの時期と同時に多治見の展示場に行ったりしていました。でも、見積りも間取りの相談はしていないです。
【旦那様】あとは家の感じだとか、ホームページだとか色々を見ていて、こちらの感じがいいなと思い決めました。
【奥様】雑誌を見ていて、「ここ好きな感じなんだけど」と言って見せてくれたのが石原さんの所でした。
私も「好きな感じだからいいよ」と言って、それでハガキを送ったんです。

6.私が見積りを出すまでの時間は結構かかったと思うんですけど、実際にご契約いただいたのは1社だけなので他との比較はできないかもしれないですが、スピード感が「のんびりしているな」とか、「じっくりできるな」とか、どう思われましたか?

【旦那様】わたしはこういう感じのほうが良かったですね。
【奥様】H社はもっとポンポンポンという感じで、すごく速かったです。
【旦那様】H社は見積りをもらったんですけど、ちょっと契約をせっつかれる感じがありました。年末でしたので、「今日ハンコを押してもらわないと困る」くらいの感じでしたね。

なるほど。

【旦那様】石原さんに「キッチンはどこのメーカーでもいいですか?」と聞いたと思いますけど、ハウスメーカーだと多分限られてきますね。多分標準品は「このカタログの中から選んでください」、グレードによって後からプラスいくらという事になると思います。
そのへんはゆっくり決められたので良かったです。

他のお客様に「こんなのんびりでいいですか?」と言われましたので、T様はどうだったかなと思いまして。

【旦那様】もう消費税も上がってしまったし、もうのんびりでいいかなと思いました。
【奥様】住民票もこちらに移してありましたので学校が変わることもないですし、慌てたことはなかったので、特に気にならなかったです。
【旦那様】いいペースだったかなと思います。

わかりました。ありがとうございます。
8.設計事務所は普段コマーシャルとかもやっていませんが、設計事務所のイメージは固いとか、よくわからないから不安だなとかありませんでしたか?

【旦那様】最初はやり方が良く分からなかったです。石原さんのところだとNさん(施工業者)とか色々繋がりがありますが、どういう繋がりだろうというのが良く分からなかったです。本には色々書いてありましたが、順番に契約していくと「ああ、こういう流れなんだ」とわかるようになりました。

依頼先を決断される際に不安はありましたか?

【旦那様】たぶんどこでも一緒のような気がしますが、事前に色々現場を見させていただいたし、Nさん(施工業者)にも最初に会っていますから。

先程と重複しますが、競合はハウスメーカーさんで、アイ・アーキテクトに決めていただいたのは、現場見学もしたし、建物の雰囲気が良かったからということですかね。
9.今後、アイ・アーキテクトに期待することはありますか?

【旦那様】完成の現場は何カ所か見学させてもらいましたが、築5年とか10年経った家も見てみたいなと思います。オーナーさん次第だと思いますが、壁だとか年数が経つとどうなるかなと気になります。

わかりました。貴重なご意見ありがとうございます。

今後家造りを考えている方へ、家造りの先輩としてアドバイスがありましたらお願いします。

【旦那様】疑問に思ったことはその場で聞いて、納得して進めていったほうがいいと思います。

今日はありがとうございました。

施工実績を見る

お問合せ