岐阜の設計事務所、注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト

tel.0574-54-1733

お問い合わせ

岐阜の設計事務所、注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト
岐阜設計事務所アイ・アーキテクトトップページ > 建物探訪 > 迎賓館赤坂離宮

迎賓館赤坂離宮

2016.09.05

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

迎賓館は、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、

明治42年に東宮御所として建設された、日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは正面玄関。

天皇陛下や総理大臣が、外国の賓客を迎える映像が流れますね~。

一般公開で、玄関ドアの間近まで行けるんですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この玄関ドアから中央階段を上ると2階大ホールへ。

「朝日の間」「彩鸞(さいらん)の間」「「花鳥の間」「羽衣の間」へつながります。

 

「朝日の間」:国・公賓の表敬訪問や首脳会談が行われる部屋で180㎡(54坪)。

フランス18世紀末の古典主義様式で、ノルウェー産の大理石の柱が特徴です。

 

「羽衣の間」:晩餐会の食前酒や食後酒が振舞われる部屋で300㎡(90坪)あります。

シャンデリアは7000個の部品からできあがっており、高さ3m、重さ800kgあります。

 

「彩鸞の間」:条約や協定の調印式やインタビューなどに使用される部屋。

140㎡(42坪)、天井高9m(3階建て相当)。

 

「花鳥の間」:国・公賓主催の晩餐会が催される部屋で、300㎡(90坪)あります。

16世紀後半の重厚なアンリー2世様式で、シャンデリアは1125kg。

 

残念ながら、室内は撮影禁止でしたが、圧巻の連続でゴザイマシタ。

そして、家づくりの参考になることを見つけることはできませんでした。

唯一参考にできるかも!?は、空調の隠し方でした~。

 

職業病のひとつで、どこでも「トイレをチェックする」のですが、

さすがに迎賓館のトイレは警備の面から、見学はできませんでしたが、貴重な建物見学ができました。

 

迎賓館は一般公開されています。

http://www8.cao.go.jp/geihinkan/common-public-opening.html

※国・公賓の接遇で公開が中止される場合もあります。

 

◆住所◆東京都港区元赤坂二丁目1番1号

◆電話◆09-3478-1111

 

 

 

 

 

 

 

お問合せ