岐阜の設計事務所、注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト

tel.0574-54-1733

お問い合わせ

岐阜の設計事務所、注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト
岐阜設計事務所アイ・アーキテクトトップページ > 仕様 サッシ

家の中の熱の約40%は開口部であるサッシや玄関から逃げてしまいます。
室内の空気が窓で冷やされ、足元に流れてくるコールドドラフト現象が原因です。
また、窓から外の温度が内に伝わり、冷機で室内の暖かい空気が冷やされると結露が発生。
カビやダニの原因となり、健康を損なうことにもなりかねません。

快適な生活のためには、結露しない、断熱性能の高い窓をお勧めします。

サッシ

岐阜設計事務所が提案するサッシ

アイ・アーキテクトでは、アルミの1250倍の断熱性を持つ樹脂を組み合わせた、複合構造の断熱ペアガラスサッシを採用しています。
冬でも温度が下がりにくく、結露の発生を最小限に抑えます。
また、高気密サッシのため遮音性にも優れているという特徴があります。

このサッシは、室内側に熱伝導率の低い樹脂形材、室外側に耐候性、耐久性に優れたアルミ形材を採用。異なる2つの素材の特徴を生かし一体化させた複合構造により、高い断熱性を発揮します。

開口部も断熱、不快な外気温はシャットアウト

躯体の断熱性能が高くても、開口部からの熱の移動が大きいと意味がありません。
夏は日差しを遮り日射熱の流入を防ぎ冷房効率を高め、冬は室内の暖かい熱を外に逃がさず暖房効率を高めることができるため、省エネルギーかつ、壁内結露を防ぎ家の長寿命化につながります。

お問い合わせ