岐阜の設計事務所、注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト

tel.0574-54-1733

お問い合わせ

岐阜の設計事務所、注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト
岐阜設計事務所アイ・アーキテクトトップページ > 仕様 地盤調査・基礎

目に見えない地盤を調査し対策することで、
安心・安全な第一歩をスタートさせます。

地盤調査

岐阜設計事務所の地盤調査

地盤調査とは、これから家を建てる土地の地盤や性質を調べることです。
建物を支えているのは、基礎です。
そしてその基礎を支えているのが地盤の強さです。
地盤の強さの確認ができないと家づくりは始められません。
安全に建物を支えることができるかどうか、
そして安全に建てるための方法を技術的に調べることが地盤調査です。

地盤調査には、一般の戸建住宅には「スウェーデン式サウンディング試験」が用いられます。
調査には約半日、建つ建物の四隅と中心の5か所を測定します。
この地盤調査で、地盤に地耐力があるかどうかが調査され、
第3者の保証会社が地盤改良が必要かどうかの判断をします。 この判断により、不同沈下に対して20年の長期保証をいたします。

基礎工事

岐阜設計事務所の基礎工事

家づくりで最も重要な部分といえる基礎。
アイ・アーキテクトでは、地盤全体に鉄筋を配筋し、コンクリートを流し込むベタ基礎工法を採用しております。
地面をコンクリートで覆うために、防蟻対策や防湿対策に優れています。
面で家を支える構造のベタ基礎工法は、耐震性に優れた強い家を建築することができます。

基礎パッキン工法

基礎コンクリートと土台の間に厚さ2センチほどのポリプロピレン複合材である「基礎パッキン」を挟み込み、この隙間から自然の風がムラなく床下全体に伝わる床下換気工法を「基礎パッキン工法」と言います。従来のような換気口を開けないために基礎工事の強度を損なわずに従来の1.5~2倍もの換気換気性能を発揮することができます。
隅々まで全周換気ができるために湿気を除去できます。しかも、土台と基礎コンクリートが接触していないために土台の耐久性が増します。
この基礎パッキン工法は阪神淡路大震災の反省から急速に普及した床下換気工法で、地震に強く高温多湿な日本に建てる家には最適な工法なのです。

岐阜設計事務所の基礎パッキン工法
お問い合わせ