岐阜県の設計事務所、注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト

お問い合わせ

一級建築士事務所アイ・アーキテクトのブログ

岐阜の設計事務所、岐阜県の一級建築士事務所 アイ・アーキテクトのブログです。
★ 岐阜の設計事務所、岐阜県の注文住宅ならアイ・アーキテクトホームページはこちら ★

そんなことまで決めるの!? [設計事務所]

2018年02月08日(木)

外部の色決めにあたり、瓦のショールームへ行ってきました。
▽▽▽

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

鬼瓦?を怖がるかと思ったら、
へっちゃらでした(笑)

「かみつくから気を付けてね〜」と、
いじわる言ってみたけど、
あっさりスルーされました(苦笑)

屋根、外壁、サッシの外枠・内枠、ガラスの種類、
玄関デザイン、カギetc進めていると、
「そんなことまで決めるの〜!?」と奥さんから悲鳴に近い叫びが(笑)

いい悪いの賛否両論があると思いますが、
アイ・アーキテクトでは、
ひとつひとつの部材色決めを施主さんと一緒に行います。

メイン部分のご希望を伺い、
細かすぎる所(例えば、土台水切りとか)は、
こちらで合わせていきますのでご安心ください♪

3択って方法もありますが、どちらがいいんでしょうね???

奥さんも悲鳴を上げながらも、外部の色は決まりました。
この後は、上棟前に設備機器の最終決定と電気配線確認を行うのですが、
まだまだ「え〜、これも!?」なんて叫びが聞こえてくるかも(笑)

Posted by 石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家) at 21時11分
  パーマリンク   トラックバック ( 0 )

お祓い [設計事務所]

2018年02月06日(火)

立春を迎え、気持ち新たに、
我が家の解体前のお祓いを執り行いました。

立春とは名ばかりで、寒波襲来でしたが、風もなく穏やかな日差しに恵まれました。
▽▽▽

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

私が生まれ育った家なので、
お礼の気持ちを込めて、お祓いを受けました。

解体前ですので、
大工さん、解体屋さん、
電気屋さん、水道屋さんも出席。


お祓い後、解体前の打合せを職人さんと。

が!!田舎あるあるがやっぱりありました(汗)

敷地内に建物が複数建っていると、
電気、水道、NTTの引込が複雑になっているのです。

この線を切ると、こっちの建物で電気が使えない、水が使えないetc

こんな厄介なことにも、
職人さんは段取りをスムーズに決めてくれました。

ありがとうございますm(__)m

ご近所さんへの挨拶もでき、いよいよ解体が始まります。
やはり生家が取り壊されるのは、さみしさがありますね〜

もちろん新しいスタートなので、
姉として、建築士として、全力でサポートしていきます!





Posted by 石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家) at 18時56分
  パーマリンク   トラックバック ( 0 )

人のふり見て我が振り直せ [ひとりごと]

2018年02月02日(金)

岐阜県主催の「住宅相談窓口担当者講習会」へ行ってきました。
中古住宅や空家対策として、リフォームが注目され、
国の施策もリフォーム関連に力がされています。

講師は、
国土交通省・住宅局、住宅リフォーム推進協議会住まいるダイヤルの担当者。

新しい情報としては、こちら。
▽▽▽

画像(180x101)・拡大画像(640x360)

中古住宅の流通促進に向けて、
@昭和56年以降の耐震基準に適合
Aインスペクション(建物調査)を実施した住宅を
国の関与のもとで「安心R住宅」と認定し、
消費者さんが、選択しやすい仕組みが始まります。

私は住宅医として、建築士と調査チームを組み、
インスペクションという上部だけの調査ではなく(※個人的意見です)、
隅々まで調査・報告・性能向上計画を提案しています。

「インスペクション」なんて当たり前のことを、
声を大にしてPRしている現状、大丈夫なの?と心配になってしまいます。

耐震性は、昭和56年以降で大丈夫なの?
欲を言えば、平成12年以降じゃないの?と疑問に思います。

とにもかくにも、消費者さんへ有意義な情報を伝えることが大切です。

リフォームにまつわる
「減税」「融資」「補助」「消費者支援制度」などが分かりやすくまとめられた、
「マンガでわかる、住宅リフォームガイドブック」を差し上げますので、
お気軽にお問合せください。

担当者はもっともらしく話しますが、現場ではホントに???と思われることが多く、
また、配布資料内容についての質疑にも答えられず。。。

非常に残念な感じでしたが、自己反省の場にもなりました。

私は、
しっかり理解して、信念を持って、家づくりを真剣に考えている方に、
情報を提供できているだろうか?

「〜だと思います」と逃げていないだろうか?

「担当じゃないから」とたらいまわしにしていないだろうか?

なんか愚痴ブログになってしまいましたが、
まじめに、真剣に、楽しく家づくりを提供するのが使命
と思う1日になりました。

Posted by 石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家) at 21時01分
  パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

プロフィール

石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家)

アイ・アーキテクト

一級建築士

石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家)

検索


カテゴリーリスト

リンク集

珈琲香房 ひと葉

QRコード 携帯から

アイ・アーキテクトのブログは携帯からもご覧いただけます。

ランキング参加中!

ブログランキング くつろぐ
人気ブログランキング

最近の記事

最近のコメント